「ヤングガン2」を観た感想(ネタばれ有り)

ヤングガン2

ヤングガン2 ★★★☆☆
監督 ジョフ・マーフィ
販売元 ポニー・キャニオン

こんにちは。

しんじです

今回は「ヤングガン2」の感想を書きます。

1988年「ヤングガン」につづき1990年にこの「ヤングガン2」が公開されました。

チャーリー・シーンに変わり今回は大注目の俳優クレスチャン・スレーターが加わりました。

彼はこの映画の数年後の「トゥルーロマンス」で日本で人気に火が付きました。

ちょっと癖のある役がクリスチャン・スレーターの得意とするところです。

〇ストーリー

道路ができ、車が走るメキシコに近いアメリカのとある場所に馬を引き連れた老人が若手弁護士のチャールズを待っていた。

彼はチャールズに「知事の恩赦を約束されていた」と語る。そして自分はビリー・ザ・キッドだと名乗るだった。

チャールズは証明するものはあるか?例えば傷とか・・・

「傷ならたくさんある・・・」
そしてビリーは若かりし頃の話を始める。

リンカーンの戦いから1年後、ビリーは新しい仲間パット・ギャレット、デイブ・ルダボゥと「チザム」などの牧場から牛を盗むなどして生きていた。

リンカーンではサンタフェファミリーの残党により、自警団の生き残り狩りが始まった。

ニューヨークに移り住んだドクも逮捕されリンカーンの牢屋に閉じ込められ、そこでかつての仲間チャベスと再会する。

ビリーはリンカーンのリンチ集団に化け2人を助け出す。

パット・ギャレットは自警団は知事の売名のためこの先ずっと追われることになると告げられる。

そしてパット・ギャレットは自分に火の粉が降りかかる前に足を洗って食堂を経営すると言い別れを告げるのだった。

ビリーは新たに14歳の少年トム、畑を取り上げられた農民ヘンドリー・フレンチを引き連れメキシコへの旅にでるのだった。

だがメキシコへの旅はビリーの嘘であった。

ちょうどその頃、別れを告げたパットギャレットは大牧場主の「チザム」の知恵のもと判事、知事のもと保安官に任命されていた。

途中、ビリーがメキシコへの旅は自分の嘘だという

メキシコに行けば有名だった自分はただの白人になる。

まるで自分勝手な理由にドクとチャベスはあきれるのだった。

その時、パット・ギャレットとその仲間によりビリーのパーティは襲われドクの命が散り、チャベスはもう助からない重傷を負うのだった。

そして14歳の少年トムもパット・ギャレットの銃弾に散るのだった。

仲間を3人失ったビリーはヘンドリー・フレンチに「お前はバックショット・ジョージだ。」と名前を与えるが、「俺はヘンドリー・フレンチだ。」と言われ別れを告げられる。

まもなくパット・ギャレットに追いつかれ丸腰だったビリーにパット・ギャレット銃声がなるのだった。

翌朝、馬場につないでいたパット・ギャレットの馬が盗まれていた。

「俺は嫌いな奴の馬は盗まない。」ビリーの言葉を思い出すパット。

そして弁護士チャールズに全ての話を終えた老人は背を向けて立ち去るのだった。

「ビリー!」

チャールズが呼び止めた。

 

〇感想

「ヤングガン」の無印はタンストールの敵を討つという物語の根幹があったのですが、「2」はそれがないのがちょっとストーリー的に弱かったかな。

メキシコに逃げない理由は「あっちだと俺は無名だから」という本当に自分がってな理由。

そのおかげで仲間はみんな死んでいくというね

今回の★3つはやはりキャストがみんなかっこいいのとラストの「ビリー」からのボン・ジョヴィの曲に切り替わる時がかっこよかったという理由です。

あ、それとジェームズ・コバーンがでてたのもよかったですね

ほとんどかっこよかったからという理由です

「ヤングガン」を気に入った人には「2」も見ることができるかな。

ただいきなり「2」を観た人は楽しめない映画かもしれませんね。

小ネタとしてパット・ギャレットとビリーを追っていた男がいたのですが、

このひとはロード・オブ・ザ・リングなどに出演していたヴィゴ・モーテンセンです。

この頃の彼はもちろん日本では無名で、気にも留められないモブキャラ的な存在でした。

あなたの好きな西部劇があったら教えてください。

コメントお待ちしております。

【中古】 ヤングガン2 /エミリオ・エステヴェス,クリスチャン・スレーター,キーファー・サザーランド,ルー・ダイアモンド・フィリップス,ジョフ・マーフィ,アラン・シルヴ 【中古】afb

価格:8,777円
(2018/5/15 21:40時点)
感想(0件)

shinji

投稿者: shinji

PADIインストラクター。 pukupukumarineにて伊豆のガイド、ライセンス、各種PADIプログラムを開催。 また映画が大好きなので丘ダイバーの時に映画について語ります。

コメントを残す